2014年08月08日

フジロック’14 濃ーい一日第三弾

お知らせ

8月13(水)、14(木)日の二日間、お盆休みとさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。



フジロック’14  7月26日

「はっきり言うけど、ファーストステージ、ここを選んだおまえたち!
センスいいぜ~ イエーイ!!」

ホワイトステージの横を歩いて行く途中、聞こえてきた。
ザ・スターベムズが今日のホワイトのトップのはず。

若さみなぎるフルスロットルな激しいドラミング、応えるように歓声。
気合いが入っている熱い様子が、ステージ外でも伝わる。

ホワイトステージは、二番目に大きな屋外ステージ。ハード系ロックバンドやエレクトロなど、実力派が揃う「裏メイン」とも呼ばれる所。いつも、強烈なパフォーマンスの、格好いいバンドが出演している印象です。P7260177


 P7260181

12:30
グリーンから20分ほど歩き、会場内かなり奥まった所にある、
オレンジコートに到着。

  P7260184


間に合えば少しでも聴きたかった。ホーメイ(喉歌。声帯の力で、口笛に似た音や、舌を動かし、きれいな倍音を紡ぎ出したりする独特な奏法)。
残念なことに、ちょうど終わっていた。会場が離れているから、どうしても一方を満喫すれば、一方を諦めることに…ああ…

木陰にイスを置き、まったり休憩。
風がぱったり止み、車の中に何本もあったうちわを、持ってこなかったことを後悔。

ヒカシューのリハ観ながらお昼ごはん。ガパオライス、700円を。
本当はスペアリブを食べたいのに、最近出回っているメニューをお試し。

炒めた挽き肉と野菜の具が少なく、味もちょっと物足りない。これはフジロックの出店の中では珍しいかも。(大抵は満足する味と値段です)

料金もこの内容では高い気がする。P7260187


13:20
ヒカシュー・フリー・インプロヴィゼーション・サミット

リーダーの巻上さんが尺八持って登場。

ゲストのホーメイの人との、声でのかけ合いが最高!
時折鳥のさえずりでおしゃべり?

人の声がこんなにもさまざまに自在に、喉で出せるなんて。
聴いたことのない低音の声に、魅了させられっぱなし。
心にグッと染み入り、知らぬ地の民族、風景までが、想像の心にひろがります。


勝手に遠くモンゴル地方に思いを馳せて。

(実際はロシア連邦トゥバ共和国の、世界的に有名な音楽ですが、私の見た目イメージはモンゴル)

次のゲストの坂田明さんを楽しみにしていたが、ホーメイを聴けたのが、いちばんの感動だった。
坂田さんは、ややコミックバンド的な

P7260188

メンバーとのやりとりもあり、ヒカシューのノンジャンルな独特な音楽、インプロヴィゼーション(即興、アドリブ)を楽しんでいるようでした。

14;25
ふらっと隣のヘブンステージのお登紀さん(加藤登紀子)を見に寄る。

ちょっと観た間だけでも、平和や、今の社会はこれでいいのか、と考えて行動してる若者とのふれあいを語る場面などあり、おときさんらしさが満ちていました。

サウンドは結構重みのあるロックっぽい感じで、ベテランのバンド陣と、深い落ち着きある歌声が、「おときさんすごい、若い!」と思わせる素敵なフィールド・オブ・ヘブンです。

P7260194

14;38
また5分ほど移動し、大友良英スペシャルバンドを観にジプシーアバロンへ。

ここは、アコースティックライブやトークが繰り広げられる小さなステージ。たくさんの人がしゃがんで待ってる。

大ヒット曲「あまちゃんのテーマ曲」で、待ってました!の盛り上がりスタート。楽しげな手拍子が起こります。

そのあと、いきなり「チェ・ゲバラに捧げる曲。あまちゃん流にやります!(笑)」
サックスがゆるやかに、ときに強く高低のある音で鳴り、とてもよい。どこがあまちゃん流かは理解できないけど…。

大友さんのギター演奏も、途中から入り、そこから一気にフリージャズっぽいサウンドのビッグバンドの展開に。目の前で、観て聴けるのが嬉しい。

P7260198


所どころノイズ感あり、それがなかなかの精神の解放ミュージックと言ったらいいのでしょうか、心に浸透する。理屈抜きで。いいわあ。

続くエリック・ドルフィーの曲も、テンポ速い高揚感ある演奏で、大友ビッグバンドを知ることができた嬉しさが、心をいっぱいに。

P7260200


再び10分ほど歩いてオレンジコートへ。

15:20
NARASIRATO  ナラシラト
ソロモン諸島より来日。
私たちが今回、いちばん楽しみにしていたステージです。


P7260208




衣装、なし(ほとんど裸です)。

楽器、竹筒5本ほどが二段に重なった笛と、大砲のように大きな、これも笛?と思いきや、しゃもじみたいなので、竹筒の穴を叩く打楽器とコンガだけ。

言葉、分からない。

P7260207


なのに、なのに、期待通り、すっごいよかったです!


NARASIRATOとは、太陽を想って泣く、という意味で、雨の多い島での晴れ乞いの気持ちらしいです。


決して若くはなさそうなアーティストたちの、力強く躍動的で、幸福感漂うダンサブルな動き!

ステージ上のすべてが、私たちが知らない国、未知の世界のグルーヴ。
フォルクローレ調のヒュッ、ヒュッ、とした笛の風音は、アンデス音楽のそれに似ていますが、全然調子が違うのです。

まさしく太陽を呼び覚ますリズム。

後半、日本語歌詞での「マウント・フジ」になると、会場はにこやか度あふれる、よりウォーミングな空気に。

人懐っこい丸い目のヴォーカルの人が、うまいかけ合いで、グイグイみんなを乗せて、喜びいっぱいの会場となった。

『マウント・フジ♪ マウント・フジ♪ キミをワスレナイヨ~♪』

この衝撃的ナチュラルさ、Happyステージ。

絶対ワスレナイヨ~!!

P7260210


P7260211


ありがとう、ナラシラト!








otokissa at 21:58|Permalinkフジロックリポート 
   音喫茶 一乗      心震わす音楽に一生感動。 
東武東上線上福岡駅
西口降りて徒歩8分
営業日 火曜~土曜
火~金10:30~19:00   
土  10:30~22:00   


所在地 埼玉県川越市熊野町22-1
電話  049―246―7822
ギャラリー
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 5/4松崎ナオソロライブご予約満席、受付終了。
  • 4/29まで手づくりスイーツ4種プレート♪
  • 4/29まで手づくりスイーツ4種プレート♪