2014年12月03日

自分に還る「夜と月」 静かなライブ

11月29日の語りのコンサートには、
予想を上回る大勢のお客様においでいただき、

誠にありがとうございました。


PC020717PB290703



お客様方には、

用意したプログラム、足りなくて一緒に見てもらったり、

席を詰めて、場所を作ってもらったりと、

ご協力たくさんいただき、大変有難かったです。




ライブの様子をご紹介。

タイトル「夜と月」になぞらえ、
ピアノと語りの桂さんが、黒のシックな装いで。

10弦ギターを奏でる富成千之さんは、白いシャツ姿です。


当初、桂さんがおひとりで、

語りのコンサートを開く予定だったのですが、

たまたま打ち合わせでお茶していたとき、
一乗で流れていた
ギターミュージックに桂さんが聴き惚れ、

たまたまそこに居合わせた、その奏者である富成さんに、

共演の依頼をしたのが始まりです。

PB290716

曲は、アルベニスの「アストゥリアス/伝説」
ドビュッシー「月の光」
ラルフの「ピアノワルツ」など。

朗読はスペインの詩人。

ヒメネス作『プラテーロとわたし』より



愛するロバのプラテーロと過ごした日々、

失ってからの喪失感。

抱えきれない悲しみをどうやり過ごしたらいいのか…

孤独を抱えながらも、向き合い、すくっと立ち上がる強さ。

暮らしの中の自然、風や木々の変化を、豊かな感性で見つめ、

慈しみながら生きる。

“ぼく”の優しいその心が、みずみずしい言葉で綴られ、
絵画のような、色合いまでが伝わります。 

PB290702





夜の海のうねりが、
“ぼく”のとてつもない孤独感のうねりと重なり、
気持ちが溢れ出ます。

PB290712

控えめながら、10弦ギターの響きは豊か。

何色にも彩られ、広がりある音色。



すっかり
『プラテーロとわたし』

の世界に引き込まれ、静かに聴き入る会場の方たち。



人はみな詩人。
人はみな、発表してないだけで、自分の中でポエムしている…

だから、誠実に語られることばの一つひとつに、共鳴し、
心打たれるのだろう。

そんな思いで、聴いたライブでした。

PB290708

PB290709

夜空を見上げて、「月が出ていて見えたわよ~」
と、ちゃんと今回のタイトルを頭に入れて、

教えてくれたお客様もいました。

私も、寒さに背を丸め歩くだけでなく、

ときには、冬の夜空の月や星々を、

じっとみつめてみたいと感じました。

『語りのコンサート』
次回Vol.2も予定してます。
どうぞお楽しみに!





otokissa at 23:11|Permalink一乗ライブ報告 
   音喫茶 一乗      心震わす音楽に一生感動。 
東武東上線上福岡駅
西口降りて徒歩8分
営業日 火曜~土曜
火~金11:00~19:00   
土  11:00~22:00
定休 日、月

日曜日、祝日月曜日は、
イベントやライブ開催のときあり。   


所在地 埼玉県川越市熊野町22-1
電話  049―246―7822
ギャラリー
  • 10/21(土)ツーマンライブ♢島へ行くボート×大槻さとみ
  • 10/21(土)ツーマンライブ♢島へ行くボート×大槻さとみ
  • 10/21(土)ツーマンライブ♢島へ行くボート×大槻さとみ
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里
  • 10/15(日)Music Live 小畑和彦&Masako Cross&上野山英里