2015年08月02日

行ってきましたフジロック2015♪Day2-25日後半

3日間開催されるフジロックフェスティバル
私たちはDay2、7月25日(土)に行ってきました。

この日は降水確率が0%。
朝から晴れのいい天気。
午後は薄曇りにもなっていき、
暑いながらも、過ごしやすい一日。



14:30
朝6時に、田代駐車場に停めてきた車の中で、
コーヒーとパンの簡単な朝食だったので、
昼ごはんはしっかり食べたい。
休憩タイムです。

ふたり分かれてごはんを買いに。
私はワールドレストラン内へGO

P7250057P7251089
エチオピア・プレート
カレーに野菜の煮込みが添えられている。
スパイシーだけど、あっさり味。旨味がもう少し欲しい。


P7251087P7251085
ワールドレストラン内のDJブース
この時間は、年代が自分に近そうな男の人が
いい感じにレコード回してた。

スタイル・カウンシル、シックなど、
ノリよく、好みの曲が次々流れ、
並んでる間も楽しい。


気づくと、フジロックのステージや音響のスタッフには、
中高年ぽい人が多い。
暑いなか、裏方で重要なところ支えているんだなあ。

えらいぞ~!



P7251090

ヨシさんは、大好きな海老の油そばを。
エビが具にのっているのではなく、
海老のいい味がする醤油油で
麺を混ぜて食べる。これは美味しい!

あっ、また、撮る前に、ヨシさんぐちゃ混ぜ、
食されてしまった…



P7250058
選んで撮らせてもらっているのではなく、
たまたま買う所にいる方が、
ステキな人ばかり!


15:20 いちばん大きなステージ、グリーンで、
NATE RUESS
P7250061
感情のこもった、やや甘めのヴォイス。
手を上に挙げたり、歌いながら跳ねたりの、若さと躍動感。

大人数のバックバンドを従え、
ソロで歌う様子を、後方で聴きながら休憩。
ファンの期待どうり、FUN.の「We Are Young」も熱唱していた。

16:00すぎ
ちょっと覗いてみようかなあと、
軽い気持ちでレッド マーキーの
ゲスの極み乙女。を見に。
P7250062
あれ、まだ中に入れないの?
会場の前に人がたくさん待ってる。
と思ったら、中はすし詰め状態。
入れない人で、あふれている。

確かに、すでにメジャーなゲス極。
きっと私みたいな興味本位組も、いるでしょうしね。

だって、耳に残るフレーズでしょ。
「♪ わたし以外、ワタシじゃないの~ ♪」
どんな人が歌っているのかと、思って…

結局、会場内には入れたものの、姿は全く見えず。

「♪ロマンスがありあま~る♪」 とか、
ああ聴いたことある、という最近の曲を、生で聴く。

歓声あがり、会場内の熱気が、前の方から伝わってくる。
子供を肩車して、いい汗かいてる若いパパが横にいた。

面白い楽曲に、個性ある細い声の歌。しっかりのビート。

とにかく聴いてみたい!
と、若い人の心を掴んでいるようでした。

P7250064



17:20
次は、評判高き実力派ユニットを楽しみに、
この日の移動では、一番遠くのステージ、
ジプシーアヴァロンへ。
ここは、まったりナチュラルな雰囲気。
涼しくもなってきて、心地よい。

18:00小池龍平(gt.vo.)+エマーソン北村(key.)+沼澤尚(ds.)
P7250074
P7250075

ステージ前で芝の上に座って観られるなんて、
最高!
年配の人も、結構いる感じ。

小池龍平さんは、クラシックスタイル(ギターのヘッドを上げ、縦気味に構えるような)
の良い姿勢でガットギターを抱え、
柔らかクールないい声。

ゆったり丁寧な口調で曲の説明、メンバー紹介。
PA(音響全般)の方も紹介、挨拶。
真面目さがうかがえる。


ボサノヴァ数曲に、
ニール・ヤング、ボブ・マーリィのカバーなど、
どれも、テンポやアレンジが変わっていて、大人っぽい。
夕暮れどきに、似合う。

最後の方で、レゲエ調のいい演奏が始まり、
これは何?と思って聴いていたら

マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」

サビに来て分かった位に、捻りある
すっごく素敵なアンサンブル!

ステージの3人+PA担当者のハイセンスな効果音
が作り出す、どこか切なく甘く惹かれる世界。
会場いちばんの歓声。
拍手が送られた。

ここは丁寧な音作りされていて、
ミュージシャン、PAの方の力量高く、
実に癒され、驚きもあり、楽しめました。

極上の音の場、音空間でした。

初めて聴いたユニットでしたが、
出合えて嬉しい。
もっとよさを書きたいですが、この辺で。


ぜひ、いつか一乗に来てほしいです!



P7250078P7250079
時間がないので、近くにあった空いてそうな店を選び、
沖縄から出店の店で、タコライス、岩海苔そば(ソーキそば風)を
参考のために買ってみる。

申し訳ないけど、どっちも美味しくない。
そばはだしが全然きいていない。
タコライスも参考にならず、がっかり…

食べ物が美味しくないと、無口になるヨシさんと私。

P7251083
もう少し満足感を求め、
再びオアシスのフードコートへ。(くいしんぼうな私だけ)

夕食を求める人たちで、ごった返しています。

牛タン入りつくねを買い、
落とさないように、埃つかないようにと、
気をつけながら戻る。

つくねはすこーし牛タン味で、コリっ。
美味しかったので、満足!



再びグリーンステージに。
19:20deadmau5
P7250083
“ネズミくんDJ”がプロデュース

エレクトロニックなダンスミュージックを次々と。
フジロック会場が“巨大クラブ・NA E BA ”と化す!!

私はどうも飽きてしまい、苦手なジャンルですが、
こんなにみんなが自由に踊り、
心弾ませるミュージックなんだなあと、
今、という時代を実感。

ヨシさんも、そう感じてるかと思いきや、
「何も考えずに、聴いてノッてればいいんじゃない」
と、それなりに楽しんでいるようでした。

21:30
MUSE
P7250092
いやいや、圧巻のステージでした!
夜のグリーンステージ、ヘッドライナーのビッグなバンドって
光の演出、演奏パフォーマンス、こんなに凄いのかと…、


ロックフェスティバルらしさを、味あわせてもらいました。
MUSEって、詳しくはないけど、
こういうのを、円熟!完熟期のバンド!!

っていうんじゃないかと思いました。

3人が120%、出し切っている感じ。


大きなバルーンが何個も出てきたり、紙吹雪がブワァーッと舞ったり。
へえー、結構よくある演出なんだ、って思いましたが、

全く、それでいい!そこがいいかも!!
って感じでした。

かなり後方から観ましたが、全体の様子を眺め、

熱狂ぶりも感じながら、ゆるく大物バンドを楽しむ。

贅沢な、興奮のステージでした。




プチテーマの中高年フェスウォッチングは、

1、夫婦らしき二人連れが多い。

2、娘や息子、孫の家族と一緒に来ている。
これ、いいですね、今まで気づかなかったです。
ファミレスならぬ、ファミフェスいこっ!♪です。

3、美魔女タイプの、ノースリーブでファッショナブル、
スタイルよしの50代らしきキレイな女性、たまに見ました。


4、長袖着ている人は、年相応っぽい、
ハイキングできそうな、アクティブおばさんタイプ、
  3人位のグループで行動して、楽しんでる。
  (ちなみに自分も長袖派)

5、男性は、誰かと一緒に来ているのかもしれないけど、
  ひとりで、気ままにステージを見たりしている人も
  多い気がした。

6、欧米系の外国人の男性は、Tシャツでも、シャツ姿でも、
  ちょっと派手で、おしゃれ。靴はサンダルとかで、全体に軽装。
  似合っていてカッコいい。遊び人っぽくもみえるけど…
  日本人より、食べて飲んでを楽しんでいるようでした。

なんてところが、個人的印象、観察でした。

若者が多く集うフジロックですが、
要のところを支えているのは、
多くのベテラン中高年部隊!と、頼もしく感じました。

今年もたくさんの喜び、
生きる愉しみを感じさせてくれる音楽のお祭り

“フジロックフェスティバル”

が開催できた平和に感謝します!!



otokissa at 22:59│フジロックリポート 
   音喫茶 一乗      心震わす音楽に一生感動。 
東武東上線上福岡駅
西口降りて徒歩8分
営業日 火曜~土曜
火~金10:30~19:00   
土  10:30~22:00   


所在地 埼玉県川越市熊野町22-1
電話  049―246―7822
ギャラリー
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 2017’GW中の営業予定ご案内
  • 5/4松崎ナオソロライブご予約満席、受付終了。
  • 4/29まで手づくりスイーツ4種プレート♪
  • 4/29まで手づくりスイーツ4種プレート♪